温泉に行くならこのサイト

HOME>温泉の効果

温泉の効果はどんなものがあるのでしょうか


温泉の効果


温泉の効果には、どんなものがあるのでしょうか。

温泉に入浴する際、温泉の効果も理解していると、1つ得した気分で楽しいですよね。

体と心は、温泉の効果を良く知っていて、無意識に反応してくれますが、頭の中でも理解しておくと、温泉の楽しみ方が増えます。

そして、温泉の効果的な入浴方法はあるのでしょうか。




温泉の効果について



温泉には、大きく分けて3つの作用があるといわれています。

浮力・水圧・温度(物理的作用)、温泉に含まれる成分(化学的作用)、転地効果(自律神経の正常化作用)です。

これらの作用を利用して、古来から、温泉地での療養や湯治、保養などが行われてきました。

現代でも、温泉の入浴、または飲用や吸入することなどによって体調を調え、傷、疾病などを治療する、温泉療法があります。

温泉療法は、日本温泉気候物理医学会で認定された温泉療法医・温泉療法専門医が医学的見解に基づいた医療法の一つです。



温泉の効果 浮力・水圧・温度(物理的作用)



浮力・水圧・温度(物理的作用)とは?

温泉に浸かることによる水圧、浮力、温熱などが体に作用することをいいます。

水圧による作用では、
湯に浸かることにより、一定の空気圧から解放され、内臓の負担が軽減し、一定のマッサージ効果が得られます。

浮力による作用では、
水中では、浮力により全体重の九分の一にまで軽減します。筋肉や関節を動かす負担が軽減し、全身を支えていた筋肉の緊張がほぐれます。

温熱による作用では、
入浴することで体温が上昇し、それにより血行を促進されます。高温では、交感神経を優位にして心と体を目覚めに導く効果があり、低温では、副交感神経を優位にしてリラックスを期待できます。



温泉の効果 温泉に含まれる成分(化学的作用)



温泉に含まれる成分(化学的作用)とは?

浮力・水圧・温度の物理的作用や自律神経の正常化作用などは、一般家庭のお風呂でも、その効果は、期待できます。

温泉の特筆すべき効果といえば、温泉に含まれる成分(化学的作用)です。

温泉に含まれる成分(化学的作用)とは、
温泉には、地域や源泉によって、様々な成分が含まれ、その成分が体内に作用することをいいます。
それら、温泉に含まれる成分が、医学的に作用し、効果を得られることを効能と呼び、温泉によっては飲むことで効能を得られるものもあります。



温泉の効果 転地効果(自律神経の正常化作用)



転地効果(自律神経の正常化作用)とは?

転地効果とは、
温泉地のような日常生活とは違った環境に出向き、大自然や温泉に触れることで、日常のストレスなどから解放される心理的な作用のことです。

そして、自律神経の正常化作用とは、
入浴には、自律神経を正常化する作用があります。人を興奮させる交感神経と、人を鎮静させる副交感神経があり、入浴は、副交感神経により強く働きかけます。

温泉は、転地効果と入浴による自律神経への働きかけにより、ストレスの解消とリラックス効果が期待できます。



温泉の効果的な入浴方法は?



温泉の効果的な入浴方法は?

1.かけ湯・かぶり湯をする
マナー上でも必要ですが、温泉に体を慣らす為にもかけ湯が必要です。 手足など体の末端から徐々にお湯をかけます。
また、頭からお湯をかぶることをかぶり湯といい、頭の血管を広げるので、立ちくらみを防いでくれます。

2.半身浴で体を慣らす
最初は、半身浴で、無理せず体を慣らします。

3.手足を動かして血行促進
体が慣れたら、全身で入浴し、手足をゆっくり伸ばし体を浮かしたり、手足を動かし血行を促進します。

4.入浴時間や回数を守る
1回の入浴時間の目安は、額に少し汗をかく程度。1日の入浴回数は、3回までを目安に。

5.水分と休息をしっかりとる
入浴後は、休息と水分をしっかりとります。







[ マープロ企画 山下 ]


温泉ガイド

温泉っていいですよね^^
日々の疲れを癒し、明日の活力を与えてくれる温泉、地球の愛しい資源です。


ゆこゆこネット

ゆこゆこを利用すればさまざまな特典多数!


温泉予約サイト

温泉の平日プランは「ゆこゆこ」と「ゆめやど」どっちが格安?比較でご案内

温泉の予約サイトを上手に活用してお得に宿泊しましょう♪


温泉の豆知識

心と体を癒すと、ついマナーも置き去りに・・?
心得ておきたい温泉のマナーや豆知識を紹介します。


ガイダンス

温泉行くならこのサイトへようこそ。
当サイトは、数ある温泉宿予約サイトのなかでどれがいいの?激安予約サイトとか使ったことないけどどうなの?そんな疑問に応えるサイトです。