温泉に行くならこのサイト

HOME>湯治とは?湯治の方法や効果、湯治宿や湯治場、自宅でできるプチ湯治

湯治の方法や効果、湯治宿や湯治場、自宅でできる湯治


湯治とは?湯治の仕方や効果、湯治宿や湯治場、自宅でできるプチ湯治


古くから日本人は、温泉を愛し、その恩恵を受けとってきました。

その1つが「湯治」です。

昔は、農閑期などに行われることが多かったといわれる湯治。

現代でも、日々の生活やストレス、体調不良など、湯治は有効な療養方法です。

そこで、湯治とは?湯治の仕方や効果、湯治宿や湯治場、自宅でできるプチ湯治をまとめてみました。




湯治とは?湯治って何?



湯治とは、温泉地に長期間滞在し、病気の治療をすることです。

一般的な温泉旅行とは違い、温泉が持つ効果効能を利用し、病気の治療を目的として、温泉地に長期滞在します。

昔は、一般的な湯治宿には、自炊場があり、各自で自分の体調に合わせた食事を自炊しながら、長期滞在し療養・治療していました。

現代の感覚では、温泉と言えば旅館から提供される食事が楽しみだったり、2泊や3泊で行ける旅行ですが、

湯治は、一定期間の間、休息を取りながら、毎日温泉に浸かり、体の調子を正常化することが目的です。



湯治の方法?やり方は?



湯治をしてみたいけど、湯治のやり方・方法は?

湯治は、7日を1クールとして、3クールが良いと言われ、湯治の期間は、21日間とするパターンが一般的です。

これは、一般的に細胞が生まれ変わるには、約2週間掛かるためとも言わます。

なので、最低でも2週間は必要とされています。

湯治宿や湯治場に滞在している期間、休憩を取りながら温泉に浸かり、細胞レベルまで生まれ変わると言うことでしょうか。

湯治の方法としては、

1クール目は、体を温泉に慣らすことを目的とし、朝晩の入浴。

2クール目以降は、1日3回程度の入浴を2週間続けるのが一般的とされています。

入浴時間は、5分〜30分程度とされていますが、泉質や温泉の温度、体質、病気の程度により異なります。

一般的には、あまり熱くない湯にゆっくり入ることで、温泉に含まれる天然ミネラルが体内に吸収されると言われます。

入浴の際には、十分にかけ湯をし、体を温泉に慣らし、毛細血管を徐々に広げてから、入浴するのがコツです。



湯治の効果や効能は?湯あたり?



湯治は、温泉が持つ効果効能を利用し、病気を治療することです。

温泉の効果効能は、泉質により異なる上、個々の症状などにもよりますが、

固まった体をゆるめ、血管の反応を促し、汗をかくことにより解毒をはかり、神経緊張を調整し、ホルモン分泌のバランスを整えるなどの効果が期待できます。

また、日常生活から離れ、自然に身を置き、解放感を味わうことで、気分がリフレッシュされ、ストレス解消にも繋がります。

湯治の効果には、体調改善だけでなく、心も整えてくれる効果があります。


湯治では、好転反応が出ることがあるといわれています。

好転反応とは、症状が一時的に悪化に向かい、その後、好転するというものですが、

食欲が減退したり、めまいがしたり、全身がだるくなったり、湯あたりの症状が出ることがあります。

これは、快方に向かう前兆とされ、入浴回数を減らすなど、無理せずに乗り切りましょう。



湯治場・湯治宿って?



湯治場とは、湯治を行う宿や場所のこと

湯治宿とは、長期滞在をして病気治療や療養を行える宿のことです。



湯治場を選ぶ際は、温泉地によって泉質が異なり、泉質の効果や効能が異なるので、病気や治療の目的と泉質の効果効能を調べてから行くことをおススメします。

温泉には、禁忌症もあるので、逆効果にならないように気をつけましょう。


湯治宿には、炊事場など、長期滞在できるように設備が整っている湯治宿と、

温泉宿などで素泊まりや湯治プランなどを提供している場合などがあります。

湯治は、ある一定の期間が必要とされるので、滞在費用の予算と相談して湯治宿を決めましょう。

温泉宿では、2泊3日などでプチ湯治の体験版プランを提供している宿もあります。

短期の休暇を利用して、湯治の体験ができます。



自宅でできるプチ湯治?



湯治は、自宅でできるのでしょうか?自宅でできる湯治とは?

湯治は、自宅でできるのでしょうか?自宅でできる湯治とは?


湯治をしてみたいけど、費用や滞在期間などの関係で中々できない場合、自宅で湯治をしましょう。

今は、入浴剤や温泉の元など様々な商品があります。

それらを利用して自宅でプチ湯治にチャレンジできます。

自宅での湯治には、メリットがたくさんあります。

まず、費用や休暇の心配が無いことが1番ですが、湯治宿や温泉と違い、自宅でなら、湯の温度の管理も自分でできます。

自宅での湯治の方法は

  • 1日、3〜4回の入浴回数を目安にします。
  • 湯の温度は、体温プラス4℃程度までが理想です。
  • 入浴時間は、30分〜60分を目安にします。
  • 体の芯まで温め、多量の汗をかくようにしましょう。

以上を日々繰り返し、ゆっくりと時間をかけて、しっかり体を温め多量の汗をかくことで、温かい体作りを心がけます。

湯上り後は、クーラー、扇風機でのクールダウンは控え、水分の補給も常温、もしくは温めの飲み物を用意し、体を冷やさないようにしましょう。

お風呂で体を芯から温めることで、血管を広げ、血流をよくし、汗をかくことで新陳代謝を促します。

自宅での湯治は、他人に気を使うことなく、マイペースででき、入浴剤や半身浴など、お好みでできるのでおススメです。




[ マープロ企画 山下 ]


温泉ガイド

温泉っていいですよね^^
日々の疲れを癒し、明日の活力を与えてくれる温泉、地球の愛しい資源です。


ゆこゆこネット

ゆこゆこを利用すればさまざまな特典多数!


温泉予約サイト

温泉の平日プランは「ゆこゆこ」と「ゆめやど」どっちが格安?比較でご案内

温泉の予約サイトを上手に活用してお得に宿泊しましょう♪


温泉の豆知識

心と体を癒すと、ついマナーも置き去りに・・?
心得ておきたい温泉のマナーや豆知識を紹介します。


ガイダンス

温泉行くならこのサイトへようこそ。
当サイトは、数ある温泉宿予約サイトのなかでどれがいいの?激安予約サイトとか使ったことないけどどうなの?そんな疑問に応えるサイトです。